コラーゲンの効果は膝にも?

コラーゲンの効果は膝にも?

コラーゲンはたんぱく質の一種で、真皮の土台となることが知られています。
肌のハリや潤いに欠かせないことから美肌成分として知られていますが、他にも、骨や爪の構成成分であることも知られています。
アミノ酸の組み合わせにより様々な種類があり、皮膚や腱などはT型、軟骨に含まれるのはU型とよばれています。
関節の軟骨組織にも存在していて、関節の滑らかな動きをサポートする効果があります。

 

コラーゲンは加齢とともに減少することが知られています。
関節の場合も同様で、関節痛の原因であることもあります。
関節にかかる衝撃を軟骨がクッションとなり受け止めていますが、この役割を果たすのにコラーゲンの持つ弾力性が寄与しています。
加齢とともに増える悩みとしては膝の痛みがあげられ、これが原因となっている事があるのです。

 

関節の構成成分は、グルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸などのプロテオグリカンですが、コラーゲンは、これらの位置を安定させ軟骨基質を一つに合わせる効果も持っています。
コラーゲンを摂取することにより、軟骨を健康にし、関節を守ることが可能です。
食品から摂取する場合、高カロリーの食品に含まれているため食品だけからの摂取は難しいものがあります。
そこで、サプリメントで補うことは手軽に行え、効果があると考えられています。
肌や爪や髪の健康だけでなく、膝の健康のためにも毎日摂取したいものですね。